かかりつけ医を持ちましょう
診療所・クリニックのご紹介

かかりつけ医と病院の役割分担

厚生労働省は、医療機関の機能に基づいた役割分担を明確にして、それぞれの医療機関がお互いに協力して患者さま中心の地域医療を進めております。これは、普段の健康維持の相談や、高血圧や糖尿病に代表される生活習慣病などの慢性疾患は、診療所の先生、すなわち『かかりつけ医』が日常生活に密着した診療を行い、専門的な検査や入院が必要な治療は病院が行うという、病状に応じた医療の役割分担です。

かかりつけ医の役割

  • 1. 病気の予防・日常の健康管理をする。
  • 2. 多くの病気の初期診療を行い、専門的診療の必要性を判断し、専門病院への紹介や入院診療への連携窓口となる。
  • 3. 風邪や腸炎などの一過性の急性疾患の治療を行う。
  • 4. 症状の安定した慢性疾患(生活習慣病)の治療・管理を行う。

病院の役割

  • 1. 高度な検査・治療機器を活用して、専門的なチーム医療を行う。
  • 2. 診断と初期治療を終えて病状の安定した患者さまを、適切な診療情報を提供したうえで「かかりつけ医」へ紹介する。
  • 3. 「かかりつけ医」と共同で患者さまの定期的な診療を行う。
  • 4. 患者さま急変時には、24時間受け入れ体制のもとで、迅速・適切な救急医療を行う。
このページの先頭へ戻る